ローン申し込みの注意点とは?

初めてローンを組むのだけれど・・・ローンの申し込みって何を考慮すればいいの?そんな疑問をお持ちの方へ。

リフォームローンと必要書類について

リフォームローンの契約時の必要書類の種類については、国内の有名な銀行のパンフレットやカタログなどに掲載されているため、常日ごろから積極的に情報収集をすることが大事です。

新規のリフォームローンの契約者を対象としたサービスが行われている銀行については、ここ数年のうちに契約者の数が増えてきており、まずは便利な知識を身に着けることが良いでしょう。

その他、実際にリフォームローンの活用術をマスターした人からアドバイスを受けることによって、誰しも将来的な負担をしっかりと解消することができるといわれています。

リフォームローンの抵当権設定登記について

リフォームローンには、一般的な有担保型と有担保型に比べて融資金利が高い無担保型があります。

有担保型のリフォームローンは、住宅支援機構や一般的な金融機関の住宅ローンなどと同様にリフォーム物件や土地などの担保物件に抵当権が設定され、抵当権設定には収入印紙費用や司法書士報酬及び登録免許税などが必要となります。

登録免許税は、基本的にローンの金額の0.4%ですが、リフォームの場合には増築の登記事項証明書及び金銭消費貸借契約書もしくは抵当権設定契約書の写しを提出する事で登録免許税の税率が0.1%に減免されます。

リフォームローンの問題点を知ろう

リフォームローンの問題点として、金融機関によって貸付金利が異なることや、返済の方法が分かりにくいこと等があります。

そこで、前もって優れた経験を有するスタッフがそろっている金融機関のパンフレットやカタログなどを参考にしつつ、リフォームローンの契約内容をじっくりと確認することが求められます。

一般的に低金利のリフォームローンの契約を結ぶためには、社会的な信用能力を高めることが重要なポイントとして挙げられます。また、他社からの借入額について、重点的に調査が行われることがあるため、事前に対策を立てることが大切です。

リフォームローンについての関連記事

注意しておきたいリフォームローンに関する情報。