ローン申し込みの注意点とは?

初めてローンを組むのだけれど・・・ローンの申し込みって何を考慮すればいいの?そんな疑問をお持ちの方へ。

ローンの返済計画の重要性

車や不動産の購入など、高額なものを購入する際にはローンがよく利用されます。

ローンを活用して買い物をすると、毎月またはボーナス時など期間を分散して返済をしていくことで高額なものを手に入れられるようになります。

しかし、ローンを利用する際には返済計画をしっかりと立てることが重要なことになります。例えば、金利です。商品が高額である場合には金利を加えた総額も高額になります。その上で月々の支払いを可能な範囲にすることが必要となります。

自分の現在と未来の経済状況をしっかりとイメージしたうえでローンの契約をすることが大切です。

ローンの約定日の注意点

ローンには約定日があります。約定日とは、毎月決められた日に返済する日にちです。たとえば、25日が約定の場合は、25日までに返済をする必要があり、26日になってしまうと、延滞とみなされてしまいます。

そこで、注意をしたいのは、ローンをはじめる日にちです。

毎月決められた返済日のイメージが固定されていますが、ある月の20日にローンを始めた場合は、次の返済日が、30日後ではなく、その月の25日となるので、返済までに5日間しかないことになってしまいます。経済的に余裕がある月であれば問題ありませんが、そうでない場合は、生活費が苦しくなったり、返すこと出来なければ、延滞扱いになってしまうので注意が必要です。

返済比率をローン会社に相談する

どのくらいのローンであれば私たちが返済していけるのかは、なかなか自分では分からないことです。

これが分からなければ、どれだけのローンを組めるのかも分かりません。そのような時にこそ専門家に対して、返済比率を詳しく相談しなければなりません。主に企業でお金を貸し出しているところであれば、ほとんどの企業でこのような相談をすることができます。

適切な比率を決定した上でローンの契約を結ばなければ、せっかく購入した商品を返済のために売却しなければなくなります。非常に残念なことですが、世の中には過去にもこのような事実に合っている方もいます。

ローンという経費の考えかた

お仕事をする時経費という考え方は、とても重要です。ともすれば節約志向で使うべきものを使わないということもありますが、その時はローンを組めばよいわけです。ローンが終わるまでに目的の利益を上げればよいわけです。

2回払いの場合は殆ど利息はかからないわけですから問題はありません。売上、利益を達成するにはその様な思考をすることが、大事なことと考えます。この考え方は仕事だけでなく、日常生活のいろいろな時に取り入れる事が出来ます。算数、数字としてとらえればよいのかもしれません。日本人は、この考え方がとても下手だと外国の友人にいわれました。

無職でローンを組むにはどうすれば良いか

無職あるいは失業中において、生活費などが足りなくなるなどでお金を借りたいという人は多いです。しかし、現状では安定した収入というのがローンの条件になっているので、働いていない人が金融機関などからお金を借りることは困難といえます。

この場合には、正社員でなくても構わないのでアルバイトやパートに勤めることや、ネットなどを用いて自営業を始めるなどして、一定の収入を証明するようにしましょう。 また、同じ無職でも、専業主婦(夫)など、安定した収入のあるパートナーがいる場合には、ローンで借りられることが多いです。

ローンについての関連記事

注意しておきたいローンに関する情報。